対等って難しい。

対等って難しい。

 

これは私の話じゃないけれど

自分にも置き換えられると思ったので

書くことにした。

 

ある人は、共同でお店を経営している。

そして今は新たに自分の好きなことで

生きていくために現場から離れる道を選んだ。

 

つまりオーナーになったのである。

 

でも店を0から1まで作り上げたのは彼だ。

 

それなのに月日が経つと

みんな彼への感謝を忘れる。

 

それどころか上からものをいったり

文句や不満が絶えない。

 

確かに今、好きなことで生きている

お店には立っていない。

 

でも現場から離れて

遊んでるわけじゃない。

新たな挑戦をしてる。

口には出さないだけで

何百倍も努力してる。

 

今あなたがそこにいられるのは、

お金をもらえるのは、

そこまで作り上げてくれた人が

いるからではないのか。

 

お店がつぶれると言われても

その人は一人で頑張り続けた。

 

繁盛した今、お店を任せることにした

彼の決意を考えてほしい。

 

経営者が孤独とはこういうことか

とその人を見て思った。

 

だからこれを見て私は思った。

 

もし自分が雇われる側になったら

何があっても経営者に寄り添おう。

ダメになるときも、成功するときも一緒だ。

 

最強のパートナーになろう。

辛い時は励まして、誰よりも支えよう。

 

 

対等って難しい。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です