みなさんこんにちは 🙂

いつも見ていただきありがとうございます!

 

実はYuricafeがオープンして

昨日(1月21日)でちょうど1か月。

 

ということで、

開業届を税務署に提出することを決意!

 

そこで、今回初めてだらけだった私は

この学びを今後お店を開く方々に

シェアすることでお役に立ちたい!と思い

記事を書くことにしました。

 

ではさっそく⇩

用意するもの

 

①開業届出書

青色申告の方のみ↓

②青色申告承認申請書

③マイナンバーのコピー

④身分証明書のコピー

⑤認印

 

開業届の書き方

 

用意したマイナンバーの個人番号を記入。

印鑑を押す。

(以下参照)

 

青色申告って?

 

そもそも青色申告とは…

確定申告を行う際に、複式簿記等の方法により記帳する

申告制度のことであり青色申告の申請が承認されると、

帳簿を備え付けたり、正しく記帳することが義務となる。

義務を怠ったり、申告書を期限内に提出しなかった場合、

青色申告の承認が取り消されるケースもある。

 

また青色申告で貸借対照表と損益計算書を併せて

期限内に提出した場合は、最高65万円

事業所得から控除することもできる。

 

つまり、わかりやすくまとめると。

①青色申告は白色申告より細かい記録が求められ

定期的に帳簿記録をしておく必要がある。

②きちんと記録ができれば控除を受けられる。

(最高65万円)

 

もともと簿記2級を持っていて、なおかつ今も簿記専門の

会計ファイナンス学科に所属している私は

「これは青色申告に挑戦するしかない!」と思い、

あえて大変な青色申告を選択しました 😯 

 

初心者の方は白色申告がおすすめだそうです。

(→白色申告の方は特に書類を書く必要なし。

税務署で何も言わず開業届のみ提出したら

自動的に白色申告になる。)

 

青色申告承認申請書の書き方

 

(以下参照 )

 

事業用の預金口座を作る場合

 

この場合、開業届の控えを銀行に持っていけば

スムーズに口座が作れるため、

控えのコピーを忘れずに!

 

これらの資料が準備できたら・・・

税務署に行く

 

住んでいる地区の担当税務署を

ネットで調べて向かいましょう!

 

窓口で資料提出

 

先ほど準備した

①開業届

青色申告の場合は

②青色申告承認申請書

③マイナンバーのコピー

④身分証明書のコピー

の4つを提出したら終了です。

 

 

~~~

 

ここからは毎日の売上・数量など正しく記録し、

事業にかかった費用に関する領収書は

月ごとにまとめ、会計ソフトや現金出納帳に

記録していきます。

 

大変そうだけどお金の流れを

知るためにもやって損はなさそう!

 

がんばるぞっっっ 😎