Category: カフェオープンまでにしたこと (page 1 of 3)

開業届提出に際して[初心者向け]

みなさんこんにちは 🙂

いつも見ていただきありがとうございます!

 

実はYuricafeがオープンして

昨日(1月21日)でちょうど1か月。

 

ということで、

開業届を税務署に提出することを決意!

 

そこで、今回初めてだらけだった私は

この学びを今後お店を開く方々に

シェアすることでお役に立ちたい!と思い

記事を書くことにしました。

 

ではさっそく⇩

用意するもの

 

①開業届出書

青色申告の方のみ↓

②青色申告承認申請書

③マイナンバーのコピー

④身分証明書のコピー

⑤認印

 

開業届の書き方

 

用意したマイナンバーの個人番号を記入。

印鑑を押す。

(以下参照)

 

青色申告って?

 

そもそも青色申告とは…

確定申告を行う際に、複式簿記等の方法により記帳する

申告制度のことであり青色申告の申請が承認されると、

帳簿を備え付けたり、正しく記帳することが義務となる。

義務を怠ったり、申告書を期限内に提出しなかった場合、

青色申告の承認が取り消されるケースもある。

 

また青色申告で貸借対照表と損益計算書を併せて

期限内に提出した場合は、最高65万円

事業所得から控除することもできる。

 

つまり、わかりやすくまとめると。

①青色申告は白色申告より細かい記録が求められ

定期的に帳簿記録をしておく必要がある。

②きちんと記録ができれば控除を受けられる。

(最高65万円)

 

もともと簿記2級を持っていて、なおかつ今も簿記専門の

会計ファイナンス学科に所属している私は

「これは青色申告に挑戦するしかない!」と思い、

あえて大変な青色申告を選択しました 😯 

 

初心者の方は白色申告がおすすめだそうです。

(→白色申告の方は特に書類を書く必要なし。

税務署で何も言わず開業届のみ提出したら

自動的に白色申告になる。)

 

青色申告承認申請書の書き方

 

(以下参照 )

 

事業用の預金口座を作る場合

 

この場合、開業届の控えを銀行に持っていけば

スムーズに口座が作れるため、

控えのコピーを忘れずに!

 

これらの資料が準備できたら・・・

税務署に行く

 

住んでいる地区の担当税務署を

ネットで調べて向かいましょう!

 

窓口で資料提出

 

先ほど準備した

①開業届

青色申告の場合は

②青色申告承認申請書

③マイナンバーのコピー

④身分証明書のコピー

の4つを提出したら終了です。

 

 

~~~

 

ここからは毎日の売上・数量など正しく記録し、

事業にかかった費用に関する領収書は

月ごとにまとめ、会計ソフトや現金出納帳に

記録していきます。

 

大変そうだけどお金の流れを

知るためにもやって損はなさそう!

 

がんばるぞっっっ 😎

 

 

Yuricafe誕生物語

【Yuricafe誕生物語】

ついにゆりカフェがオープンした。

やっとやっとというぐらい待ちわびた日。
自分でお店を立ち上げて
自分の作ったコーヒーで
お客さんを笑顔にした日。

一生忘れられない日になるだろう。

今日はみなさんに
Yuricafeがオープンした理由
お話したいなと思って書くことにしました。

ちょっと長いのですが、飽きない程度に                                読んでもらえたら嬉しいです!

 

まず私がカフェを開くと決めたきっかけ
それは、バイト先(タリーズコーヒー)の
閉店でした。

 

大学1年の時に始めたカフェでのバイト。
とっても楽しくて、趣味と言えるほど
バイトに熱中していて、
気づけば自分もいつかカフェを開きたいな
と思うようになりました。

でもこの時はまだ『いつか』の状態。
そりゃ大学生だし、今の生活に満足してるし
将来的に開きたいなってぐらいの
ほんわかした気持ち。

ソース画像を表示

 

でもそこから半年ぐらいして
タリーズ閉店疑惑が浮上しました。

そしてオープンから10年の節目を迎え、
契約切れになってしまったそのお店は
2018年3月12日、閉店を迎えることに…

ここで働いていた店長はもちろん、
バイトメンバーやたくさんの常連さんが
悲しみにくれていました。

ソース画像を表示

店長に声をかけると『悲しいね』と
それだけつぶやいて涙目をしていたのを
今でも覚えています。

バイトメンバーの中にも『これから私たちどうなっちゃうの』と涙を流す子がいたり、
常連さんの中にも『ここは唯一の私の居場所
だったのに。』『いつもここの店員さんは
温かく声をかけてくれる。こんないい場所ない』と閉店間際までお店を訪れてくれたりしました。

私はこんな現状を見て、
みんなが悲しんでる。なんとかしなきゃ。

ソース画像を表示

決めた!私がこの場所にカフェを開く!
と決意しました。

もうこの時の私はいてもたってもいられなくて
一刻も早くお店を残すためにできることから
全部やろうとしました。

例えば、土地を管理してる会社を聞いて
問い合わせたり、お金を工面してくれる可能性の
ある人に手当たり次第相談したり…

でもしまいには、
『今この状況で無理なことをやるのではなく、
自分にできること、もっと別の方法で
考えたら?』と言われてしまい、

『そうか。私がやろうとしてることは
無理なことなのか…』と落ち込みました。

ソース画像を表示

でもみんなの悲しそうな顔を思い出すと
やめるわけにはいかなかったんです。

こう思った私は
『じゃあ別の何か違う方法で
私にできるカフェを開いてやる!
そしてみんなを必ず笑顔にしてみせる!!!
とまた燃え上がりました。

ソース画像を表示

そこからというものの、
自分はどんなカフェが開きたいのか
何を一番大切にしたいのかなど
ひたすら自分のことを考えました。

ある時、実現可能なカフェを調べていた私は
“移動販売カフェ”の存在を知りました。

ソース画像を表示

移動販売なら場所も人件費も抑えられる!
これなら大学生の私でもできるかも!!

そう思い、すぐに近くで移動販売カフェを
やっている人を探しました。

それが名古屋駅の裏側にある
マグニーズコーヒートラック“というカフェ

私はこのお店をやってる人に直接
話を聞きたい!と思いすぐに会いに行きました。

初めて行ったとき、そのおしゃれさと
オーナーさんの人柄の良さに惹かれました。

そして私は思ったんです


このお店はオーナーさんの人柄に
惹かれて人が集まる。

『私がやりたいのはまさにこれだ!!!』

移動販売は店員とお客さんとの距離が
とても近い。すぐに仲良くなれる。

私はカフェに来る人が好きだったから
ぴったりだと思った。

行動し始めてから約1ヶ月。
私は移動販売カフェを開くことに決めた。

でも次に問題となるのは、資金の壁

このとき大学の友達が、私の熱量を見て
クラウドファンディングやったら?』
と進めてきた。

私は『クラウドファンディング???
何それ?』という状態だった。

クラウドファンディングとは…
自分の想いに共感してくれる人たちから
ネットを通して資金を調達する手法

何が何だかわからなかったけど
一刻も早くカフェを開きたかった私は
とりあえず言われるがままに
クラウドファンディング経験者に
会いに行った。

その場所が大須にあるトゥーランド

TOLAND - メイン写真:
ここで出会ったのが岡村健美さん
この方は何も知らない私にあらゆることを
教えてくれて、自分がやった
クラウドファンディングの話もしてくれた。

そしてクラウドファンディングで成功した
お店を他にも教えてくれた。
その場所が旅BAR 夢port

私はすぐに旅BARを訪れた。

ソース画像を表示

初めてこの場所であったのが店長のズッキーさん
私のことを優しく迎え入れてくれて
カフェを開きたい熱い想いをたくさん聞いてくれた。

そしてこのお店を立ち上げた発起人を
紹介するよと言ってくださった。


その人が藤井洋輔
(今ではYuricafeの共同経営者になった)

この出会いが私を大きく変えた。

私の想いを聞いた洋輔は
『クラウドファンディングやろう!絶対できるよ!』と驚くほど簡単に言った。

私は何が何だか知らない状態だったにも
関わらず、洋輔が協力してくれると
言ってくれたおかげでやることに決めた。

そこから1ヶ月は事前準備をした。
文章を考えたり、動画を撮ったり、
支援してくれた方へのお返しを考えたり…

そして4月28日〜6月10日までの
クラウドファンディングをスタートさせた。

(私が実際に挑戦したクラウドファンディングはこちら)

スタートさせてからのことを書くと
本当にキリがない。

人生で2番目に辛い期間を過ごした気がする。
それぐらい批判されたり、悩んだり、
毎日私はただカフェが開きたいだけなのに
涙を流していたのを覚えている。

なかなか資金が集まらずにこのままじゃ
成功しないといろんな人に言われたし、
陰口も聞いた。
でも私は最後まで諦めなかった。

理由は1人でも応援してくれてる人が
いる限り、やり抜くときめていたから。
10人から批判されたとしても
1人でも応援してくれる人がいたら
私は頑張れる。強くなれた。

そんなこんなで45日間
クラウドファンディングを終えた。

結果はなんと目標金額の100万円に到達。

これを終えた時の達成感はすごかった。
やっと終わった。
これでやっとカフェが開ける…。

ソース画像を表示

成功したのは自分1人の力じゃなくて
みんながいてくれたから。
仲間の存在を感じ、この時は周りへの
感謝でいっぱいでした。
そしてこの気持ちを忘れず
オープンまで頑張ろうと誓いました。

しかしオープンまでの道のりも簡単
ではありませんでした。


いくらお金が集まったからと言っても
場所を貸してくれるパン屋さんとの兼ね合いが
あって、なかなか進められませんでした。

でもここのパン屋さんの社長が
とても協力的な方で…

車も貸してくださる上に、場所も
電気も水道も営業許可も…
そしてパンも売らせてもらえることに
なったんです。

だからカフェができるまでの期間は
パン屋さんのお手伝いをしたり、
ドリンクのメニューを考えたり、
試作会を何度か開催したり、
車を改造してくれる人を探したり…

そんな中であったのがwebデザイナーの
江坂大樹くんと空間デザイナーの堀直也くん。
2人が私の想いに共感して、
車の改造協力しますと快く引き受けてくれる
ことになったんです。

2人の実力は本当に素晴らしくて
私がカフェで成功したら絶対恩返し
したいと思ってるほど。

そして一緒に車のDIYを協力してくれた
私の親友たちのおかげもあり、
5日間で内装を完成させることができました。

そして当初オープン予定だった9月からは
3ヶ月遅れてしまいましたが、
12月21日やっとオープンができました。

カフェを開くと行動し始めてから約9ヶ月
本当にカフェをオープンさせることができ、
夢を実現することができました。

いや〜長いようで一瞬だった9ヶ月。
いろんな人との出会いがあって
心身ともにかなり成長できた年。

でもやっぱり一番は”人”
私はどんなときも人に恵まれていると
実感しました。
だからこそそれを当たり前だと思わず、
これからはみんなに恩返ししていきたいって
思ってお店に立ってます。

だからこそ私のお店では
お客さんが恩を感じられるような
距離感が売りなのです。

 

長々と最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

今後もゆりカフェをよろしくお願いいたします。

 

Yuricafeプレオープン4日間[感想]

4日間を終えて・・・

 

 [感想]

4日間で約190人と予想以上にたくさんの人に
来てもらうことができ、カフェを開いた事実を
みんなの笑顔を見てやっと実感しました。

“ありがとう。楽しい。美味しい。すごい。”

この言葉を聞いて本当に夢を叶えて
よかったと心から思えました。

期待以上のことをしてみんなの喜ぶ顔を

見るのが、1番幸せな瞬間だった。

 

たくさんのお祝いの言葉。

たくさんのお花のプレゼント。

手作りの雑貨にケーキにお菓子。

長文のお祝いメッセージ。

カイロの差し入れ。

こんなにも祝福を受けられる私は

かなりの幸せ者だと気づきました。

その一方で、まだまだ改善しなければ

いけないこともたくさんある。

この4日間幸せだったのとは反対に
涙が出るほど辛い想いもした。

やっぱり応援してくれてる人の裏には
批判してくる人もいる。

“身内ばっかり。騒がしい。迷惑。”

決して身内だけじゃないし、なんなら
初めましての人がほとんどだし
その人同士が仲良くなって楽しく
お喋りしているだけなのに
通りすがりの人達からは身内でパーティを
しているように見えるらしい。

そんなつもりはなくても周りからそう
見えていたら、結局同じだ。

じゃあこれからより多くの人に
来てもらえるように、知ってもらえるように
どうしたらいいだろう。
反対の声をどう覆そう。

お世話になっているナビィのパンの方々や
社長、奥さんにも嫌な思いをさせたくない。

これで私が考えた改善策はこれだ

・チラシを作ってより多くの人に挨拶をする

→『ここにくれば楽しくお喋りができますよ』
『ここにくれば新しい出会いがありますよ』

他のカフェにないことをやっているから
私のカフェのコンセプトが伝わるわけもない
伝わってないなら発信しないと。

周りの人に認知してもらわないと…。
身内でやってるパーティじゃないって

これをひたすら発信し続ければ
いつしか温かい人しかいないこのカフェの
コンセプトを理解してくれるだろう。

“他にない”褒め言葉
他にないからやってるもん。
私だけのカフェだもん。
カフェに来る温かい優しい人達が
だいだいだいすきなんだ。

“騒がしい”じゃなくて“賑やか”
“うるさい”じゃなくて“楽しそう”

絶対そう言わせるんだ。

 

さてと本オープン(12月21日)に向けて
今からやることやろっと!!!

 

[本オープンの詳細]

12月21日(金)17時半~21時

22日(土)10時~21時

23日(日)10時半~15時(小牧イベント出店)

24日(月)10時~21時

25日(火)17時~21時

 

是非この機会に出来立てほやほやの

温かいYuricafeへお越し下さい 🙂

 

ゆりカフェDIYに挑戦【part2】

10月28日(日)~11月1日(木)

ついに、

5日間にわたる車のDIYが行われました!

 

今回はその出来事をスタートから

完成まで大公開したいと思います。

 

メンバー紹介

 

堀直也(ほりなおや)

愛知県立芸術大学3年 1996年7月生まれ

空間デザイナー・美術研究所デザイン科講師

ショップデザインやオフィスデザイン、企業ロゴ

までも手掛ける天才的な才能を持つ現役大学生!

 

江坂大樹(えさかだいき)

名古屋大学4年 1994年8月生まれ

クリエイティブディレクター・せなか広告創設者

人の心をくすぐるコンテンツメイクと、

Webサイトの制作を得意としており、

1回目のDIYからの協力者で今回堀くんとの

ご縁を与えてくれた。(1回目の記事はこちら)

 

((助っ人))

河合啓太(かわいけいた)

松本彩(まつもとあや)

友松瑞貴(ともまつみずき)

藤井洋輔(ふじいようすけ)

西尾優里(にしおゆり)

 

作るもの

 

今回は、車の内装ということで

主なものは

・提供カウンター

・収納スペース

・開口部

・壁紙

 

その詳細を図にしたものがこちら↓

 

期間について

 

堀くん、江坂くんとナビィのパンで

初めて打ち合わせをしたのは10月4日

ここでこれからの流れを決めました。

 

10/11 実際の移動販売カフェを見に行く

    ~20  内装デザイン(CG)完成

    ~27  木材集め・材料購入

      28  施工開始

 

なので実際にかかった時間は約1か月

 

このハードスケジュールをこなしてくれた

2人のすごさを思い知りました。

 

ここからは楽しい5日間の内容を

書いていきたいと思います :-D☟

 

5日間の流れ

Day1

最初にあった座席も取り外して空っぽな状態

からスタート

普段はこんなにふざけてる2人だけど

作業が始まると超真剣モード

お昼は貴族のテーブルみたいに長い木を

机代わりに↓(これもDIY?笑)

牛丼片手にピクニック気分♪

 

1日目終了時点ではこんな感じ↓

 

Day2

提供カウンターの設計をします!

板にニスを塗る→乾かす→やすり掛け

日向ぼっこしながら繰り返し行うよ☀

できたものを設置!

それから開口部の板を装飾✿

ゆりの好きなタイルを取り入れてもらった

 

2日目の終わりには完成しそうな雰囲気

キャンプしてる気分で最高な夜だ✴

 

Day3

タイルと板を綺麗に磨くところからスタート

↑悪いことして廊下に立たされてる光景(笑)

お昼はプチハロウィンしたよ✌

3日目の終わりには仕切りと壁が装着

 

Day4

仕上げの日

残りの箇所に緑色のタイルを貼って・・・

運転席との仕切りを作って・・・

 

みんなでイケアにぬいぐるみの買い出し!

・・・じゃなくて

照明を買いに行きました🔦

 

4日目にしてほぼほぼ完成!!!

めっちゃ感動した 😥  😥

 

Day5

ついに最終日

最後まで全力で楽しむ江坂くん

なんと、得意料理のチリビーンズ

作ってきてくれた 😯

そのお返しに”ゆりラテ”を作ったよ。

近所のおばさんも飲みに来てくれた☺

 

楽しいひと時を過ごし、

暗くなるのを待って・・・

 

最後の装飾と照明の取り付けたら

 

↓↓↓

 

完成

 

Movie

 

 

感想

 

もう感動的な完成度で「みんな最高!!!

としか言いようがない…。

こんなに素敵なものができるなんて

正直思ってもなかった。

 

こんなにもゆりの好みを理解して

再現してくれた堀くんと江坂くんは天才だ。

そして声をかけて手伝ってくれた仲間。

いつもそばで支えてくれた洋輔と家族。

たくさんの人に感謝しかないです。

 

また恩返ししたい大切な仲間ができたので

早くオープンしてみんなを喜ばせたいな 😉

 

そして、

今回のDIYで何か一つのことをみんなでやる

楽しさを思い出しました。

チームっていいな。仲間っていいな。

全力で頑張るって最高だな。

そう感じた青春の5日間でした。

 

カフェができたら初めましての人とも

上辺だけの仲じゃなくて、真の仲間

家族みたいな関係を築けたらいいなぁ。

何かに挑戦したり、一緒に悩んで解決したり…

 

考えただけでワクワクする。

 

オープン日については保健所の営業許可が

取れ次第、決定いたしますので

もうあと少しだけお待ちください。

 

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうございました!!!

 

ちなみに相方のようすけが書いたDIYの記事はこちら

 

 

 

Yuricafe試作会[プチ開業パーティー]inナビィのパン

 

みなさんこんにちは。

 

新守山のナビィのパンにて移動販売カフェを

経営してるYuricafeオーナーのゆりです 😀

 

今日は10月21日(日)に開催された

オープン直前試作会のことを書きたいと

思います!

 

 

なんでやることになったの?

11月3日オープン予定で車の改造やらメニューを

考えている私なのですが、それまでに一度

実践してみたい!と考えていました。

 

そこで場所をお借りするナビィのパンの社長に

相談してみたところ・・・

ソース画像を表示

「やっていいよ!」と許可をもらえたので

急遽開催することになり準備をしました。

 

イベントの内容

 

今回は試作会のためドリンクは無料

そのため定員10人と限定させてもらい、

応援してくれている方々をお誘いしました。

 

また今日は17時半~19時という時間を

選んだのですが、これには理由があって

昼と夜の明るさで変わるお店の雰囲気を

両方楽しんでもらいたいと思い、

日が沈む直前に来てもらいました。

 

今回のイベントの目的は

みんなへのありがとうの気持ちを伝える。

感想をもらって、今後どうしていくか考える。

そして、来てよかったと思ってもらえるよう

喜ばせるのが私の最大の目的です!

 

みなさんと顔を見て会話がしたかったため

人数を少なくしたのもありまして、1人ずつ

近況を聞いたり、なんで来てくれたのか、

どんなドリンクが好きかなどお話をしながら

1杯1杯丁寧に入れさせてもらいました。

 

ドリンクと豆の紹介

 

今日用意したのは✿ゆりラテ✿

これはエスプレッソにスチームした

フォームミルクを注いで作ったカフェラテに

Yuricafe限定のデザインアートをするドリンク。

 

ちなみにお豆は、

本山にあるセミナーボックスノートさんで

オリジナルブレンドを焙煎してもらってます!

 

私好みのミルクに合う甘さと苦みで

作ってもらった

ブラジルとグァテマラのブレンド

ソース画像を表示

飲みやすくてコーヒー感と甘さを感じやすいのが

特徴。

 

私はこの一杯一杯豆を挽いて、

スチームを炊いてミルクを注ぐ瞬間が

大好きなんです!!(笑)

なぜなら少しの動きで仕上がりが変わるから

毎回とっても緊張して作るの。

でもこれがうまくいったとき

とってもとっても楽しいんです!

同じ作業をしてるように見えるかもしれない

ですが、

ちょっとしたことで味に変化が出るから

本当においしいラテを作るのって慣れるまで

難しいんです。

私もまだまだなので日々練習に励んでおります。

完成したゆりラテがこちら!!!☟

 

(コーヒーのこと好きすぎてつい語ってしまいました…)

 

やってみた感想

 

めっちゃめちゃ幸せな時間でした。

17時半から19時までの1時間半のイベント

でしたが、気づいた頃には8時。

とてもあっという間に時間が過ぎていて

楽しませるのが私の使命なのに、

結局自分が一番楽しんでしまった。(笑)

 

大好きなバイト先が潰れてからずっと

”カフェで働きたい” ”ラテアートしたい”

”お客さんを喜ばせたい” と思い

走り続けること約7か月。

 

やっと今日、自分の手で実現できました。

これからが本番ですが

何があっても絶対にやり遂げて見せる!

 

みなさんにも早く完成した姿を

お見せできるよう頑張っていきます。

 

Yuricafeの今後

 

11月3日(土)をオープン予定。

それに向けて

10月28日(日)~31日(水)の間で

車の改造・DIYをしていきます!

 

【ちなみにDIY参加者を募集しているので興味がある方、

経験なくても全く問題ないのでぜひ私たちと一緒に

やりましょう 😆 ご連絡お待ちしております!!!】

 

順調にいけば11月3日までに完成ですが

遅れが生じる場合もありますので、

適宜報告させていただきます。

 

最後まで見てくれてありがとうございます 🙂

今後もよろしくお願いします。

Older posts